豊明市のあんざん治療院は産後のお悩みを解消する整体です!

あんざん治療院


有痛性外脛骨(ゆうつうせいがいけいこつ)

有痛性外脛骨を治したい
有痛性外脛骨の痛みで運動を諦めている
土踏まずや内くるぶしのあたりの痛みが取れない


有痛性外脛骨を改善して、楽しく運動ができる体に!!



有痛性外脛骨(ゆうつうせいがいけいこつ)とは?

031298.jpg
スポーツ障害の一つで、運動時に足の内側のくるぶし直下から土踏まずにかけての疼痛が特徴的な症状です。足関節を構成する舟状骨の内側に過剰骨(外脛骨)があり、後脛骨筋の筋緊張により、外脛骨が引っ張られ疼痛を出します。サッカーなどよく走るスポーツ選手に多い傾向です。スポーツをやらない方でも、捻挫の後遺症として見られる場合もあります。過剰骨(外脛骨)の存在そのものは、大きな問題ではなく、外脛骨が引っ張られ、炎症を起こしてしまうことが問題となります。


どんな時に痛みを感じるのか?

  • 走った時
  • つまさき立ちをした時
  • ストレッチで伸ばした時
  • 足首の底屈・背屈をした時
などの時に疼痛を感じやすいです。


病院での治療法は?

整形外科で有痛性外脛骨と診断された場合、患部の安静、保存療法、鎮痛剤、温熱療法、足底板療法などの治療が行われます。ほとんど場合はこれらの治療で改善されますが、それでも改善が見られない場合、手術療法が取られます。


当院では?

根本的に有痛性外脛骨を治そうとする場合、痛みの原因となる筋肉の調整および筋緊張の緩和と、足首の調整とそれ以外に付属の膝や股関節の調整、骨盤の歪み、腰椎の矯正が必要だと考えられます。有痛性外脛骨で一番の原因となる筋肉は後脛骨筋です。脛(すね)の内側を通る筋肉で、舟状骨(外頸骨を含む)と足の裏側の中足骨などに腱が付着しています。
有痛性外脛骨では、外頸骨の周辺に痛みを感じますが、後脛骨筋の筋腹に圧痛があります。当院の施術では、この圧痛部位の緩和をすることにより、外頸骨部の腱の緊張を取り、痛みを取っていきます。
また、長期的に痛みを感じている方の場合、歩き方が悪くなり足関節や膝への負担も大きくなっています。足関節と膝の調整も行うことで、より改善速度を上げていきます。

整形・接骨院に通院しても変化をあまり感じられない方は、ぜひご相談ください。
当院では、「もう運動をできなくなった」や「痛みがなくなるまで2~3年は運動禁止」とあきらめてしまったお子さんの早い復帰にお力添えをさせていただきます。

楽しく元気にスポーツのできる体作りをしていきましょう!

 
basuke.jpg
 

あんざん治療院のご案内

住      所:
〒470-1112
愛知県豊明市新田町子持松3-20
アクセス:
名鉄バス・ひまわりバス 豊明市役所バス停より徒歩3分
伊勢湾岸自動車道・国道23号豊明ICより車で10分
お問い合わせ・ご予約
0562-74-4070
営業時間:
月~土
 午前 9:00~12:30
 午後 15:00~19:30
祝日
 午前 9:00~12:30
定休日:
日曜日・第一月曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ