豊明市のあんざん治療院は産後のお悩みを解消する整体です!

あんざん治療院


産後の肥立ちについて

産後の肥立ちとは産褥期(さんじょくき)の産後6~8週間の事で、妊娠中の体から出産後、元の体に戻していく期間の事を表します。
この期間に体調を崩す事を産後の肥立ちが悪いといいます。


産後の肥立ちが悪いとどんな症状が出るの?


●子宮収縮の遅れ
子宮の収縮がスムーズに進まないため、悪露が止まりづらくなります。
●情緒不安定(マタニティブルー)
比較的初産の方に多いですが、産後から気持ちのコントロールが上手くできなくなってしまいます。
●尿漏れ・腰痛・脱力感
産後から下半身に力が入らなくなり、踏ん張りがきかないような感じや、腰痛・尿漏れがひどくなってしまうことがあります。


など様々な症状が出てしまいます。

どんな方が産後の肥立ちが悪くなってしまうのか?

産後の肥立ちの悪さは妊娠中からすでに関係していることがあります。妊娠中に切迫症状が出た経験のある方やむくみがひどくなった方、骨盤ベルトを巻かないと動けないほどの腰痛を出した方などが要注意となります。これらの症状が妊娠中に出ている場合、すでに腰や骨盤に歪みがあるためです。腰や骨盤の歪みがある場合、出産の時に骨盤がスムーズに開きにくくなってしまいます。開きにくい骨盤は産後閉じにくくなり、肥立ちが悪くなってしまうのです。


産後の肥立ちを悪くしないためには?

骨盤や腰の歪みを整体・マッサージで事前に治しておくことが重要です。妊娠前から身体のケアも決して早すぎると言うこともなく、また妊娠してからでも遅くはありません。出産を控えているからこそ、その後の身体の事を考えていきましょう。

妊娠中は何事もなかったけど、産後から身体がツライ

妊娠中に大きなトラブルがない方でも、産後の肥立ちが悪くなってしまう方もいらっしゃいます。そんな場合は産後2カ月ほどから施術可能です。子育てで疲れやすく、眠れない日々も続きます。迷う前にまずはお気軽にご相談ください。

matanity park.jpg

あんざん治療院のご案内

住      所:
〒470-1131
愛知県豊明市二村台2-7-2
アクセス:
名鉄名古屋本線 前後駅から徒歩12分
名鉄バス 豊明中学校前から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
0562-85-3515
営業時間:
月~土
 午前 9:00~12:30
 午後 15:00~19:30
祝日
 午前 9:00~12:30
定休日:
日曜日・第一月曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ